小児歯科

ホーム診療内容のご紹介小児歯科

小児歯科ってどんなとこ?

子どもたちのための歯医者さんです。

子どもさんを中心に予防や保健指導、治療をしています。

年齢に関係なく相談・治療・予防処置も何歳からでも対応できます。

いづれ抜ける乳歯、なぜ大切か・・・

乳歯は虫歯の進行が早いため、重症化しやすいです。
そして、放置しておくと大人の歯や歯並びに影響することがあります。

乳幼児期にむし歯と歯周病の予防の習慣がつけば、将来の大人の歯に対する予防にもつながっていきます。

当院では、仕上げ磨きの際、歯ブラシと糸ようじの併用を必ずすすめています。
歯と歯の間には歯ブラシが入っていかず、磨いたと思っていても汚れがたくさん残っています。 
歯ブラシで取れない歯と歯の間は、糸ようじを使って汚れを落としてください!
それだけで、虫歯になるリスクが減少します。

むし歯が出来てしまった!!

ぜひ、勇気を出してお電話ください。予約を取っていきます。

なぜなら、少しでもお待たせしないように... お子様が待っている間に飽きてしまい、ご機嫌が悪くなる場合があります。

もちろん、キッズスペースで遊びながら、お待ち頂くことも可能です。

(急な症状があればすぐいらして下さい)

怖くて泣いてしまうお子様には…

無理矢理な治療は更に歯科を嫌いになるだけです。

 慣れるために、はじめは歯ブラシからやっていき、次に器具を使って練習していきます。(この間、何回か通院して頂きます)

慣れてきたら、いよいよ治療の始まりです。

治療中、我慢できず泣いてしまうお子様もいますが、治療が終わった後は、 みんな元気に笑顔で「バイバイ」してくれます。

保護者の皆様は、例え泣いて嫌がっても 治療が終わった後は、『がんばったね』と褒めてあげてください。

そうすることで、自分ががんばったことをお子様自ら自覚し、次回に繋がると思います。

私たちも、またがんばってくれるよう、そして怖がられないように尽力致します。

どうしても・・・

練習をしても 甘えや怖さで いやがるお子さんもいます。
その時、どうしても治療が必要な時は、保護者の方に了解を得てから 治療に入ります。

緊急性がない場合は、無理に治療しないで対応することもあります。

☆乳幼児 歯科保健☆1

☆乳幼児 歯科保健☆2

「プレオルソ」こども⻭ならび矯正法

◎小児の大事な時期に「プレオルソ」
  永久歯に生え変わってからでは「本格矯正」になりますが、この治療法であれば小児(6才~10才)の骨の軟らかい時期に使うことで、非常に大きな効果が期待できます。
使用できる年齢に限りがありますので、注意してください。

◎マウスピース式
  固定式の装置は、違和感や痛みが強いですが、マウスピース式は、それがほとんど ありません。装着時間は就寝時と家にいる時のみで十分です。また、食事の時に装置をはずせるので、虫歯の心配がありません。

◎金額の問題、予算的に一般の矯正より始めやすい
  新素材のマウスピースを使用するので、個々の口腔内への調整がしやすく、治療効率が良いためです。

◎「お口ぽかん」
に代表される口呼吸を鼻呼吸へ促します。
  「
プレオルソ」は「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な側面「口呼吸から鼻呼吸へ」が非常に重要と考えています。子どもの成長発育にとても大切です。
口腔周囲筋を鍛えましょう
「あいうべ体操」でゆるんでいる筋肉を鍛えていきましょう。
正しい嚥下・舌運動をしないと噛み合わせや歯並びが崩れてしまいます。
ページの先頭へ