小児歯科

ホーム診療内容のご紹介小児歯科

小児歯科ってどんなとこ?

子どもたちのための歯医者さんです。

子どもさんを専門にまたは中心に予防や保健指導、治療をしています。

年齢に関係なく治療・予防処置も何歳からでも対応できます。

いづれ抜ける乳歯、なぜ大切か・・・

乳歯は虫歯の進行が早いため、放置しておくと大人の歯に影響することがあります。

乳幼児期にむし歯と歯周病の予防の習慣がつけば、将来の大人の歯に対する予防にもつながっていきます。

むし歯が出来てしまった!!

ぜひ、勇気を出してお電話ください。予約を取っていきます。

なぜなら、少しでもお待たせしないように... お子様が待っている間に飽きてしまい、ご機嫌が悪くなる場合があります。

もちろん、キッズスペースで遊びながら、お待ち頂くことも可能です。

(急な症状があればすぐいらして下さい)

怖くて泣いてしまうお子様には…

無理矢理な治療は更に歯科を嫌いになるだけです。

  慣れるために、はじめは歯ブラシからやっていき、次に器具を使って練習していきます。(この間、何回か通院して頂きます)

慣れてきたら、いよいよ治療の始まりです。

治療中、我慢できず泣いてしまうお子様もいますが、治療が終わった後は、 みんな元気に笑顔で「バイバイ」してくれます。

保護者の皆様は、例え泣いても嫌がっても叫んでも抵抗しても、 治療が終わった後は、『がんばったね』と褒めてあげてください。

そうすることで、自分ががんばったことをお子様自ら自覚し、次回に繋がると思います。

私たちも、またがんばってくれるよう、そして怖がられないように尽力致します。

どうしても・・・

練習をしても 年齢的に 理解できず 泣いていやがるお子さんもいます。

その時は、どうしても治療が必要な時は、保護者の方に了解を得てから 治療に入ります。

緊急性がない場合は、無理に治療しないで対応することもあります。

☆乳幼児 歯科保健☆1

☆乳幼児 歯科保健☆2

ページの先頭へ